SHARE

リオデジャネイロ五輪出場をかけたアジア最終予選の準々決勝で日本代表はイランと対戦し、前半を0−0で終えた。  日本は何度かチャンスがあったが決めきれなかった。逆にイランに攻め込まれ、ピンチとなったが守りきった。前半はほぼ互角の展開で、後半へと折り返した。