SHARE

スノーボードのワールドカップ(W杯)は23日、スロベニアのログラでパラレル大回転が行われ、女子の竹内智香(広島ガス)は決勝トーナメント準々決勝で敗れて8位だった。家根谷依里(大林組)は同1回戦敗退で15位だった。