SHARE

米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選で、名護市辺野古への移設を進める与党が支援した現職が再選されてから一夜明けた25日午前、政府からは歓迎する声が上がった。安倍晋三首相は首相官邸で記者団に対し、「良かったですね」と述べた。 中谷元防衛相は、防衛省内で記者団に「普天間飛行場の固定化を避ける努力が評価された。引き続き移設推進のため努力したい」と強調。31日に自衛隊行事に合わせて沖縄県を訪問し、辺野古移設に反対する翁長雄志知事や地元首長らと会談する考えを明らかにした。  辺野古移設に向けた護岸工事など海上での本格的な作業の開始時期については、「ボーリング作業の進捗(しんちょく)をにらみながら、天候や海の状況、地元への影響も考慮して進めたい」と語った。 菅義偉官房長官も記者会見で、「(移設反対一色を意味する)『オール沖縄』という言葉は、実態と大きくかけ離れている。今回の結果は、市民がさまざまなことを考えて判断したのだろう」と指摘した。 一方、沖縄県の翁長知事は辺野古移設を推進する政府の姿勢に対し、「何も変わらない政府だ」と述べ、不信感をあらわにした。県庁内で記者団に語った。 民主党の枝野幸男幹事長は国会内で記者団に対し、「県民の民意とは直接関係ない」と語った。(2016/01/25-12:16)