SHARE

菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、甘利明経済再生担当相が28日に会見を開き、自らの金銭授受疑惑について説明すると明らかにした。野党側は、27日までに甘利氏から十分な説明が得られなければ衆院予算委員会の審議には応じられないと追及を強めている。 菅長官は会見で、甘利氏が説明する時期について「当初から28日と言っているのではないか」と述べた。 甘利氏自身は26日午前の閣議後会見で、「自民党国会対策委員会関係者と打ち合わせして、今週いつ(会見を)するかは決定される」と語った。また、同日に予定されていた自身の政治資金パーティーを延期したことを明らかにした。  これに対し、民主党の高木義明国対委員長は会見で、与党が29日から衆院予算委で2016年度予算案の審議入りを目指していることに関し、「しっかり準備がいるから(甘利氏の説明が28日では)物理的に質問ができない」と述べ、応じるのは困難との認識を示した。 同党は26日午前、国会内で甘利氏に関する疑惑追及チームの会合を開き、都市再生機構(UR)と関係省庁の担当者を呼び、事実関係をただした。これに対し、URの担当者は「現在調査中」などとして具体的な説明を回避。追及チームは甘利氏の政務秘書官にも聴取を求めていたが、秘書官は甘利氏自身が説明するとして出席を拒んだ。 (2016/01/26-12:32)