SHARE

NewsHub
■小沢一郎・ 自由党代表  小選挙区制20年。 マイナスはまったく感じていない。 小選挙区制の 機能を野党が果たしきれていない現状がはなはだ残念だ。 特に、 少なくとも野党が本当に心を合わせて一体としてやれば、 かりに1月の 総選挙でも絶対勝つ、 間違いねえです。 政権を取りたくないということなの かなあという風に思うくらい、 異常な状況、 心理だと思わざるをえない。 例えば原発の 話だって6割以上が反対しているの に政府はやるといっているの だから、 おかしいでしょ。 ちゃんと皆力を合わせて国民に訴えれば、 必ず総選挙は勝つんですよ。 間違いねえもん。 新潟の 知事選も原発が争点だったが、 象徴している。 民主主義は政権の 交代の 可能性を常に含んでいる所に、 緊張した政治が生まれる。 それがないなら、 もはや民主主義の 意味はない。 電力労組が自分たちの 生活の 基盤だから、 一生懸命気にするの は分からなくもないが、 連合全体が何もそれに同調する必要はないんで、 例えば電力労組だけちょっとここんとこは例外にして、 連合としてはあとは全部応援しようという選択肢だってありうる。 そういう柔軟性さえも、 考えもないちゅうの はちょっと、 私には理解できませんね。 電力会社だって原発、 脱原発、 再稼働反対脱原発といっても電力会社自体が何が何でも反対でない。 原発を廃止して処分まで全部自分でやるの は、 とてもじゃないが会社でできない。 投資したカネで当面、 電力を供給したいというの は商売として当たり前だ。 経営が成り立つ方策を考えながら政府がキチンと脱原発、 原発廃棄を決めていけば何の 問題もない。 (記者会見で)

© Source: http://www.asahi.com/articles/ASJBL6D8XJBLUTFK01M.html
All rights are reserved and belongs to a source media.