SHARE

NewsHub 大リーグ、 ナショナルリーグの 優勝決定シリーズ第2戦が16日に行われ、 前田健太投手が所属するドジャースがカブスに1対0で競り勝って、 対戦成績を1勝1敗としました。 ドジャースは前田投手が先発した第1戦を落とし、 16日にカブスとの 第2戦に臨みました。 この 試合、 ドジャースは2回、 4番・ ゴンザレス選手がカブスの 先発で、 今シーズン、 最優秀防御率の タイトルを獲得したヘンドリクス投手からソロホームランを打って1点を先制しました。 ドジャースの 先発、 エースの カーショー投手は、 地区シリーズ第5戦で抑え投手を務めたあと、 中2日の 登板間隔での 先発となりましたが、 5回途中まで1人の ランナーも出さず、 7回を2安打無失点と圧巻の ピッチングを見せました。 8回からは抑えの ジャンセン投手がリリーフして試合を締めくくり、 ドジャースが1対0で競り勝って、 対戦成績を1勝1敗としました。 リーグ優勝決定シリーズは7回戦制で争われ、 先に4勝を挙げたチームがワールドシリーズに進みます。
© Source: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161017/k10010732511000.html
All rights are reserved and belongs to a source media.