SHARE

NewsHub タイの 国王死去にともない、 政府が呼びかける「娯楽自粛」 の 影響で、 観光施設の 休館やイベントの 中止が続いている。 喪に服す街を旅する際、 外国人観光客が気をつけるべき点とは。 国王が死去した直後の 13日夜、 プラユット暫定首相はテレビ演説で、 政府関係機関に1年間の 服喪を求め、 国民には30日間の 娯楽や祝い事の 自粛を呼びかけた。 観光はタイの 基幹産業で、 国内総生産(GDP)の 約1割を占める。 昨年は海外から約3千万人が訪れた。 日本人の 渡航先として、 アジアでは中国、 韓国、 台湾に次ぐ人気だ。 ■ムエタイは当面中止  交通機関や病院、 銀行、 ホテル、 デパートなどの 多くは営業を続けている。 気をつけたいの は、 観光スポットやスポーツ、 音楽コンサート、 仏教の 年中行事などが予定通り行われるかどうかだ。 バンコクの 観光地の なかでも特に人気が高い王宮周辺。 国王の ひつぎが置かれ、 死去にともなう儀式が続いているため、 一帯は参列者で混雑している。 タイ国政府観光庁によると、 王宮とエメラルド寺院(ワット・ プラケオ)の 建物には、 少なくとも20日まで入れない。 ただ、 王宮に近い国立博物館や全長約50メートルの 涅槃(ねはん)仏で有名な寺「ワット・ ポー」 、 チャオプラヤ川沿いの 大仏塔が目印の 寺「ワット・ アルン」 などは開いているという。 国王関連の 儀式は当分続く見通しで、 地元の 日本語ガイドは「交通規制などが予想されるため、 見学の 際は時間の 余裕をもってほしい」 と語る。 スポーツ観戦や音楽コンサートもスケジュールの 確認が欠かせない。 タイの サッカー協会は14日、 日本人選手が多く所属するプロサッカーリーグ「トヨタ・ タイ・ リーグ」 をシーズン途中で終了すると発表。 ビーチサッカーやフットサルも含め、 残りの 試合は開かない。 バンコクにある国内最高峰の ムエタイ競技場「ルンピニ」 と「ラチャダムヌン」 も試合を当分見送る。 海外の ポップバンドやオーケストラの コンサートも相次いで中止になっている。 タイの 風土や自然を体感できる…
© Source: http://www.asahi.com/articles/ASJBJ5WNRJBJUHBI013.html
All rights are reserved and belongs to a source media.