SHARE

NewsHub
九州地方に住む30代の 女性は「そろそろ」 と思っていた2年前の 早朝、 おなかが痛くなり、 風呂場に駆け込んだ。 生まれた赤ちゃんの 顔に耳を近づけたが、 息をしていなかった。 一緒に暮らす家族に言えないまま赤ちゃんを車に隠した。 「自分にはできないけど、 埋葬してほしい」 と、 数日後の 夜、 病院内にそっと置いた。 女性は亡くなった赤ちゃんを置き去りにした死体遺棄罪で有罪判決を受けた。 ■「病気」 と否定  女性らへの 取材や裁判記録によると、 女性は実家に住み、 パートで働いていたもの 、 生活費は親に援助してもらっていた。 自宅とパート先を往復する生活の 中で、 ネットで知り合った男性とデートするようになった。 「ドライブしてご飯を食べに行って。 そういうことが楽しかった」 そして、 妊娠。 相手の 男性に会って伝えると、 「無理」 と言われ、 その 後は連絡がつかなくなった。 もともと子どもが好きで、 おなかに命が宿ったこと自体はうれしかった。 でも、 以前から母親には「子ど…

© Source: http://www.asahi.com/articles/ASJBM2D9LJBMUBQU003.html
All rights are reserved and belongs to a source media.