SHARE

NewsHub
【泰州(中国江蘇省)=共同】 卓球の 平野美宇(エリートアカデミー)が加入した中国スーパーリーグ女子の 「オルドス」 は16日、 江蘇省泰州で「八一」 との 今季開幕戦を行い、 平野は第2試合の シングルスで昨年の 世界選手権中国代表の 木子に2―3で惜敗した。 第3試合の ダブルスはストレート負けした。 チームは1―3で敗れ、 黒星スタートとなった。 16歳の 平野はシングルスで第1ゲームを11―9で先取したが、 ジュースが続いた第2ゲームを17―19で落とした。 試合はフルゲームまでもつれたが、 最後は力尽きた。 次戦は19日に本拠の 内モンゴル自治区で「山西」 と対戦する。 中国スーパーリーグはシングルス4試合、 ダブルス1試合の 団体戦で、 3戦先勝方式で争う。 10チームによるリーグ戦は12月末まで実施され、 日本勢は過去に福原愛(ANA)らが参戦したことがある。

© Source: http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00492_W6A011C1000000/
All rights are reserved and belongs to a source media.