SHARE

NewsHub 日銀支店長会議後に記者会見する衛藤公洋名古屋支店長(左)=17日午後、 日銀本店
日銀は17日、 秋の 支店長会議を開き、 全国9地域の 景気情勢を分析した「地域経済報告」 (さくらリポート)をまとめた。 最近の 円高への 懸念を踏まえ、 自動車産業が集積する東海は総括判断を2013年1月以来、 3年9カ月ぶりに引き下げた。 前回7月に下方修正した中国と九州・ 沖縄は判断を引き上げた。 景気は2地域で上がり、 1地域で下がるまだら模様の 回復となっている。 東海は景気回復が続くが、 判断の 表現を「基調として緩やかに拡大」 から「幾分ペースを鈍化させつつも緩やかに拡大」 に弱めた。 記者会見した衛藤公洋名古屋支店長は、 自動車産業の 従事者が多い東海の 特性に触れ、 「企業の 減益予想が消費に反映されている」 と述べ、 個人消費の 一部に弱めの 動きがあるとの 認識を示した。 中国は三菱自動車が燃費不正で停止した軽自動車生産が再開、 九州・ 沖縄は熊本地震の 影響が和らぎ、 上方修正。 残る6地域は据え置いた。 (2016/10/17-19:41)
© Source: http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101700518&g=eco
All rights are reserved and belongs to a source media.