SHARE

NewsHub
【10月18日 AFP】 16MLBは17日、 プレーオフの ア・ リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)が行われ、 クリーブランド・ インディアンス( Cleveland Indians )が4-2でトロント・ ブルージェイズ( Toronto Blue Jays )を下し、 ワールドシリーズ進出に王手をかけた。
本拠地ロジャーズ・ センター( Rogers Center )で行われた第3戦、 インディアンスは先発投手の トレバー・ バウアー( Trevor Bauer )が前週数針を縫った指の 傷口から出血し、 初回で降板を余儀なくされたもの 、 シリーズ3連勝を飾るの に支障はなかった。
インディアンスは1回表、 ベテランの マイク・ ナポリ( Mike Napoli )一塁手がブルージェイズの 先発マーカス・ ストロマン( Marcus Stroman )から適時二塁打を放ち、 カルロス・ サンタナ( Carlos Santana )が先制の 本塁を踏んだ。
対するブルージェイズも、 2回裏にマイケル・ ソーンダース( Michael Saunders )が、 インディアンスの 2番手ダニー・ オテロ( Danny Otero )からソロ本塁打を左翼席に運び、 1-1の 同点に追いついた。
4回表には、 ナポリがストロマンから左中間席に一発をたたき込み、 インディアンスが再び2-1とリード。 しかし、 ブルージェイズも5回裏、 エセキエル・ カレーラ( Ezequiel Carrera )が三塁打で出塁すると、 ライアン・ ゴインス( Ryan Goins )がインディアンスの 3番手ザック・ マカリスター( Zach McAllister )に一塁ゴロに打ち取られる間に、 同点の 本塁にかえった。
試合を振り出しに戻したブルージェイズだったが、 6回表にはまたもやストロマンがジェイソン・ キプニス( Jason Kipnis )に両チーム通じて3本目となる本塁打を浴びた。 これで再びリードしたインディアンスは、 ホセ・ ラミレス( Jose Ramirez )がブルージェイズの 2番手ジョー・ ビアギニ( Joe Biagini )から放った適時打でナポリが生還し、 4-2とリードを拡大した。
第4戦は18日にトロント( Toronto )で行われる。 ア・ リーグ王者は、 ワールドシリーズでシカゴ・ カブス( Chicago Cubs )とロサンゼルス・ ドジャース( Los Angeles Dodgers )の 勝者と激突する。 (c)AFP

© Source: http://www.afpbb.com/articles/-/3104786
All rights are reserved and belongs to a source media.