SHARE

NewsHub
マウスの iPS細胞(人工多能性幹細胞)から体外培養で卵子をつくることに九州大と京都大などの 研究チームが成功した。 その 卵子を体外受精させ、 子どもや孫を得ることもできた。 卵巣内で卵子が育つ過程を培養皿上で詳しく観察できるようになり、 不妊の 原因解明などにつながると期待される。 17日付の 英科学誌ネイチャー(電子版)で発表する。 研究チームの 林克彦・ 九州大教授(生殖生物学)らは2012年にiPS細胞から卵子をつくったことを発表している。 この 時はiPS細胞から卵子や精子の 元になる「始原生殖細胞」 をつくり、 胎児から取り出した将来卵巣に育つ細胞と一緒に培養して、 マウスの 卵巣に移植していた。 今回はiPS細胞からつくった始原生殖細胞を卵巣に育つ細胞と一緒にした後、 体外で培養し続けた。 卵子になるまでの 約5週間を三つの 時期に分けて培養液を使い分けたほか、 卵巣内に近い環境を再現して細胞に栄養が行き渡るように、 細胞を浸す方法を工夫したり、 塊になった細胞を手作業でばらしたりした。 1回の 培養で約600個から1千個の 卵子ができた。 できた卵子を通常の 精子と体外受精させて子宮に戻した計1348個の 受精卵から、 最終的に8匹の 子どもが生まれた。 通常の 体外受精では、 約6割の 割合で子どもが生まれるといい、 それに比べるとかなり低かったが、 8匹はいずれも健康で、 別の マウスとの 間に孫も生まれた。 また、 12年の 時は、 胎児の 細胞からつくったiPS細胞を使ったが、 今回は大人の メスの 尻尾の 細胞からiPS細胞をつくっており、 大人の 卵子の 特徴を再現できているという。 さらにES細胞(胚(はい)性…

© Source: http://www.asahi.com/articles/ASJBK76VFJBKUBQU00L.html
All rights are reserved and belongs to a source media.