SHARE

NewsHub 三菱重工業は18日、 造船事業の うち、 10万トンを超えるような大型客船の 建造から撤退すると発表した。 今後は、 実績の ある液化天然ガス(LNG)船などに注力し、 同業他社との 提携でコストダウンを探る。 川崎重工業も造船事業の 抜本的な見直しを表明しており、 総合重工メーカーによる造船事業の 立て直しの 動きが進んでいる。
三菱重工の 宮永俊一社長は18日の 記者会見で、 大型客船からの 撤退について「事業部門は何とかなると思い込んでいたが、 客観的な意思決定をしないと今後やっていけない」 と述べた。
同社が今春から客船事業の 見直しを社内で進めてきたの は、 巨額の 赤字を出したからだ。 独企業向けの 大型クルーズ船2隻を約1千億円で受注したが、 設計の 遅れなどで昨年度までに2300億円超の 赤字となっていた。
事業見直しの 結果、 複雑な設計…
© Source: http://www.asahi.com/articles/ASJBL460FJBLULFA00M.html?ref=rss
All rights are reserved and belongs to a source media.