SHARE

NewsHub 2020年東京五輪・ パラリンピックの ボート、 カヌー・ スプリント会場となる「海の 森水上競技場」 (東京湾中央防波堤)について、 都は18日、 常設部分の 整備費491億円を300億円前後まで削減できるとする見通しを明らかにした。 ボート会場を巡っては、 都政改革本部の 調査チームが9月29日に、 宮城県登米市の 県長沼ボート場への 変更か、 海の 森を仮設施設として整備費を削減する報告書をまとめていた。 海の 森の 現在の 整備費は、 常設部分491億円と仮設部分28億円の 計519億円と見積もられている。 都は調査チームの 報告書を受けて、 経費の 見直しを実施。 常設部分の うち、 追加工事に備えた予備費(90億円)や、 テレビカメラ用の 仮桟橋の 整備費を削り、 観客席や艇庫、 舗装を簡素化することなどで、 整備費全体を圧縮するとしている。
© Source: http://www.yomiuri.co.jp/national/20161018-OYT1T50056.html?from=ycont_navr_os
All rights are reserved and belongs to a source media.