SHARE

NewsHub 国連安全保障理事会は17日、 北朝鮮による14日(日本時間15日)の ミサイル発射を「強く非難する」 という報道機関向けの 声明を出した。 今回の 発射は失敗だったが、 声明は、 2006年以降の 複数の 安保理決議に対する「深刻な違反」 と指摘し、 北朝鮮が一連の 決議に従い、 更なる実験を控えるよう求めた。 今回の ミサイルは日本全域と米領グアムまで届く新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」 とみられている。 安保理メンバー国は、 声明の 中で、 全ての ミサイル実験は、 失敗したもの も含め、 北朝鮮の 核兵器の 運搬手段の 開発に貢献し、 地域の 緊張を高めているとして「遺憾の 意」 を表明。 市民の 生活必需品が大幅に不足する中、 北朝鮮が弾道ミサイル開発に資源を投じていることも指摘した。 ミサイル実験を繰り返す北朝鮮…
© Source: http://www.asahi.com/articles/ASJBL2FD3JBLUHBI00D.html
All rights are reserved and belongs to a source media.