SHARE

NewsHub
【10月19日 AFP】 フィリピン・ マニラ( Manila )の 米大使館外で19日、 棒などを持ったデモの 参加者たちに警察車両が突っ込み、 数人をひく出来事があった。
米大使館前では、 同国の ロドリゴ・ ドゥテルテ( Rodrigo Duterte )大統領が最近、 米国との 同盟関係を緩めたいと発言したことを支持する数百人が集まり、 警察当局は警棒や催涙弾でデモの 参加者たちを解散させようとした。
アルセニオ・ リパリプ( Arsenio Riparip )警部は、 AFPに対し、 23人の 身柄を拘束したと語った。
リパリプ警部によるとデモの 参加者たちは、 大使館の 門を警備する警官の 隊列を突破。 同警部は「解散させる必要があった。 始めたの は彼らだ。 彼らは大使館に侵入しようとしていた」 、 「催涙弾を使う必要があった。 警官隊は圧倒されていた」 と述べた。
テレビネットワーク ABS-CBN の 映像では、 急に後退した警察の 車両がデモの 参加者たちに突っ込み、 その 後前進して少なくとも2人をひき、 他の デモの 参加者をはねているの が確認された。
マニラ警察当局の オスカー・ アルバヤルデ( Oscar Albayalde )署長は、 警察車両がデモの 参加者たちに衝突したことを認めた上で、 運転手には過失がないと主張した。
アルバヤルデ署長は声明で「デモの 参加者たちはひかれたの ではない」 とし、 「参加者たちは警察車両を横転させようとしていた。 その 中で、 運転手が警察車両を動かし、 乱暴なデモの 参加者にうっかりぶつかってしまい、 軽症を負わせてしまった」 と述べた。
一方、 デモ隊の 指導者、 アミラ・ リダサン( Amirah Lidasan )氏は警官隊が先に暴力を振るったと主張しており、 「デモ隊を攻撃したの は警察側だった。 まず警察車両を人々に激突させた。 次に催涙弾を発射して、 警棒で私たちを殴った」 と述べている。 (c)AFP

© Source: http://www.afpbb.com/articles/-/3104981
All rights are reserved and belongs to a source media.