SHARE

NewsHub 19日午前4時10分ごろ、 大阪府門真市四宮2、 大工、 川上幸伸さん(43)方から、 「知らない男が家に入ってきて父が刺された。 私も妹も弟も刺された」 と長女(19)から110番があった。 府警門真署員が駆け付けると、 川上さんが2階寝室の 布団の 上で血を流して倒れていた。 心肺停止状態で搬送されたが、 間もなく死亡が確認された。 長女と次女(17)と長男(15)は軽傷。 府警は現場にいた男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
府警によると、 男は同市北岸和田3、 定時制高校生、 小林裕真(ゆうま)容疑者(24)で、 「自分が何をしたか覚えてない」 と供述している。
「おまえ誰や」 という川上さんの 叫び声に気づいた長女らが様子を見に行くと、 小林容疑者が馬乗りになって川上さんを刃物で刺していたという。 短刀(刃渡り約30センチ)と刺し身包丁(同約20センチ)、 なた(同約20センチ)が川上さん方から見つかり、 短刀に血液が付着していた。 長女らは小林容疑者について「面識がない」 と説明しているという。
現場は京阪本線萱島(かやしま)駅から南東約1キロの 住宅街で、 小林容疑者の 自宅は川上さん宅から南東約600メートルの 距離にある。 パトカーや救急車が未明に集まり、 周囲は騒然となった。 近所の 住民や知人らは「一体何があったの か」 「なぜこんなことに」 と声を震わせた。
近所の 男性(41)は、 長女が川上さんの 長男と小中学校の 同級生といい、 ニュースで事件を知って現場に駆け付けた。 男性は「川上さんは小学校の 運動会には毎回来て、 『子どもが好き。 かわいい』などと話していたことを覚えている」 と話した。 「すごく優しく、 親しみやすい人。 他人から恨まれるような人間ではない。 どうしてこんなことになったの か」 と悔しそうに語った。 別の 近所の 女性(40)も「優しそうな人だったの に。 何があったの か」 と声を詰まらせた。 【山田毅、 宮本翔平、 米山淳】
© Source: http://mainichi.jp/articles/20161019/k00/00e/040/207000c
All rights are reserved and belongs to a source media.