SHARE

NewsHub
【10月18日 AFP】 米航空宇宙防衛企業「オービタルATK( Orbital ATK 、 旧オービタル・ サイエンシズ)」 は17日、 国際宇宙ステーション( ISS )に物資を補給する無人補給機「シグナス( Cygnus )」 を搭載したロケット「アンタレス( Antares )」 の 打ち上げに成功した。
オービタルATKがISSへの 物資補給を担うの は6回目。 一方シグナスには今回、 ISS乗組員の ための 補給物資や科学研究関連の 機材など約2300キロの 物資が搭載されている。
機体に米国旗が描かれたアンタレスは、 米バージニア( Virginia )州ワロップス島( Wallops Island )にあるNASAの 施設から現地時間の 17日午後7時45分(日本時間同日午前8時45分)、 シグナスを搭載して打ち上げられた。 NASAの 中継によると、 シグナスは打ち上げから約5分後、 ロケットから切り離され、 まもなく軌道に乗った。
アンタレスは2年前の 2014年10月28日、 打ち上げ直後に爆発した。 今回アンタレスを使った補給機打ち上げはこの 事故後初、 オービタルATKがISSへの 物資補給を担うの は6回目となる。 (c)AFP

© Source: http://www.afpbb.com/articles/-/3104811
All rights are reserved and belongs to a source media.