Home Japan Japan — in Japanese センター試験終了=大雪で繰り下げ、10年で最多

センター試験終了=大雪で繰り下げ、10年で最多

191
0
SHARE

NewsHub雪が降る中、大学入試センター試験の会場に向かう受験生=15日午前、名古屋市千種区
大学入試センター試験は15日、理科と数学を実施し、2日間の日程をほぼ終えた。大学入試センターの同日午後4時現在のまとめによると、大雪に伴う交通機関の遅れなどにより8府県の計31会場で開始時間の繰り下げ措置が取られた。雪の影響で繰り下げた会場数は、過去10年間で最多という。 【目指せ医学部】「Qさま」でおなじみ 天明アナが探る合格へのシナリオ
名古屋市立大や三重大など愛知、三重、京都、兵庫、広島の5府県の計12会場は試験開始を1時間繰り下げ、志願者計1万2314人のうち9000人超に影響が出たとみられる。 この5府県に宮城、新潟、大阪の3府県を加えた8府県の計21会場では、到着が遅れた受験生ら計36人が別室で受験した。繰り下げ措置が取られたのは重複を除き計31会場に上り、うち3会場の計5人は再試験の対象になった。 平均点の中間発表は18日。科目間の平均点に大きな差が出た場合に行う得点調整の有無は20日に発表される予定。 21、22の両日は、病気などで受験できなかった人の追試験と、雪の影響を受けるなどした人の再試験が行われる。(2017/01/15-19:17)

Similarity rank: 9
Sentiment rank: -0.5