Home Japan Japan — in Japanese トランプ次期大統領会見 経済界の受け止めは

トランプ次期大統領会見 経済界の受け止めは

176
0
SHARE

NewsHubアメリカのトランプ次期大統領が選挙後に初めて記者会見を開き、日本も含めた貿易の不均衡是正などに意欲を示したことについて、日本国内の企業からは先行きへの懸念の声が聞かれるなど、経済界にはさまざまな受け止めが広がっています。 トランプ次期大統領の記者会見について、日本商工会議所の三村会頭は「これは記者会見であって就任演説ではない。1月20日の就任以降は統治者としての大統領が出てくるはずだから、トランプ氏がどう切り替わるかに強い関心を持っている」と述べました。 そのうえで三村会頭は日本企業への影響について、「いちばん心配しているのは、トランプ氏の一つ一つの言動で株価や為替が変動することだ。企業は何をベースに経営をしたらいいのかという戸惑いを感じており、好ましいことではない。トランプ氏は早く統治モードに切り替えて整合性のある政策を打ち出し、不安を払拭(ふっしょく)する方向に行ってもらいたい」と述べました。

Similarity rank: 4.3
Sentiment rank: 3.9