Home Japan Japan — in Japanese トルコでクラブ襲撃 西欧文化が標的か

トルコでクラブ襲撃 西欧文化が標的か

339
0
SHARE

NewsHubナイトクラブ襲撃で39人死亡 トルコ
イスタンブール(CNN) トルコの最大都市イスタンブールのナイトクラブに襲撃があり、少なくとも39人が死亡した事件で、トルコ議会の元議員、アユカン・エルデミル氏は、西洋風のライフスタイルへの攻撃との見方を示した。
エルデミル氏は、仏パリのバタクラン劇場が2015年、銃で武装した男らに襲撃された事件と類似しているようだと指摘。「これは西洋風のライフスタイルへの攻撃だ。トルコの世俗的で都市的な生活のあり方への攻撃だ。今回の事件はトルコで進行中の文化的衝突や分断をあおるだけだろう」と述べた。
エルデミル氏は「この襲撃はもちろん恐ろしい事態だが、今年の大みそかに室内にとどまることを選んだ大勢のトルコ国民にとってはショッキングなことではない」と指摘。「トルコは新年を祝うためにこうした大きなパーティーを開催することで知られているものの、今年は市民の大半がイスラム主義者の攻撃を警戒し、家で友人とお祝いをする道を選んでいた」と述べた。
クラブで事件を目撃した人々によれば、大きな騒音が聞こえた後、治安当局者が全員に外に避難するよう伝えてきたという。脚に銃撃を受けたという男性は救急車に運び込まれる際、「人々が入ってきて銃を乱射した」と話した。
ベシタクシュ地区はボスポラス海峡の欧州側に位置し、上位中産階級の人々が住む高級住宅地があることで知られる。一帯では新年のお祝いを控え、警察が厳戒態勢を敷いていた。
トルコは最近、相次ぐテロに見舞われており、多くの人々が警戒していた。

Similarity rank: 1.1
Sentiment rank: -4.2