Home Japan Japan — in Japanese フォード、メキシコ投資計画を撤回 トランプ氏が再三批判

フォード、メキシコ投資計画を撤回 トランプ氏が再三批判

224
0
SHARE

NewsHub【1月4日 AFP】米フォード・モーター( Ford Motor )は3日、メキシコに新工場を建設する計画を撤回すると発表した。同社によるメキシコ工場新設をめぐっては、米国の雇用を重視するドナルド・トランプ( Donald Trump )次期米大統領が再三批判していた。そのトランプ氏は、メキシコで生産した車を米国に輸入している米ゼネラル・モーターズ( GM )にも新たに矛先を向けた。
フォードは16億ドル(約1880億円)を投じてメキシコ中部サンルイスポトシ( San Luis Potosi )州に工場を新設する計画だった。しかしこれを取りやめ、代わりに米ミシガン( Michigan )州のフラットロック( Flat Rock )工場に向こう4年間で7億ドル(約820億円)を投資して設備を拡張し、電気自動車(EV)と自動運転車を生産すると明らかにした。
同社のマーク・フィールズ( Mark Fields )最高経営責任者(CEO)は米 CNN に対し「トランプ氏が示してきた成長促進策に対する文字通りの信任票だ。だから米国、ミシガンへの投資を決めた」と述べ、トランプ氏の政策が米製造業を後押しすることに期待感を示した。
フォードの発表の数時間前、トランプ氏はGMをやり玉に挙げ、同社が台数は少ないながらメキシコから米国に輸入しているセダン「シボレー・クルーズ( Chevy Cruze )」に高関税を科すとツイッター( Twitter )で警告した。
また「米国は雇用と富を追い払うのではなく、イノベーションと雇用創出に関して世界の大きな磁場となる」とも書き込み、フォードの決定を歓迎した。
一方、メキシコ経済省は3日、フォードによる工場新設計画の撤回に遺憾の意を表明。投資中止に関連するあらゆる費用について、フォードがサンルイスポトシ州側に補償するとの確約を得ているとも明らかにした。(c)AFP

Similarity rank: 8.9
Sentiment rank: 1.3