Home Japan Japan — in Japanese 情報機関トップにコーツ氏=議員歴20年以上、知見評価-次期米大統領:時事ドットコム

情報機関トップにコーツ氏=議員歴20年以上、知見評価-次期米大統領:時事ドットコム

179
0
SHARE

NewsHub【ワシントン時事】トランプ次期米大統領は7日、情報機関を統括する国家情報長官に、共和党のダン・コーツ前上院議員(73)を指名すると発表した。コーツ氏は下院、上院議員を計20年以上経験し、ブッシュ前政権で駐ドイツ大使も務めた。 国家情報長官室は、ロシアが米大統領選にサイバー攻撃で干渉したと結論付けた。トランプ氏は選挙で勝利した自身の正当性を脅かしかねないと警戒し、7日も「選挙結果に影響した証拠は示されなかった」などとツイートした。情報機関への不信を隠さないトランプ氏の下、コーツ氏の調整能力が問われることになる。 トランプ氏は7日の声明で、コーツ氏の専門知識と判断力を高く評価し、「われわれに危害を与える勢力に対する警戒網の最前線に立つ」と指摘した。コーツ氏は同じ声明で「米国の安全保障の実現のため、あらゆる手段を活用する」と語った。 国家情報長官室は2001年の米同時テロを受け、情報機関同士の連携強化などを目的に設置された。 コーツ氏は下院議員を経て、1989~99年に上院議員。駐ドイツ大使を務めた後、2011年に上院議員に再び選出された。上院時代は情報特別委員会や軍事委員会に所属。昨年の上院選には出馬せず議員を引退した。(2017/01/08-00:03)

Similarity rank: 7.6
Sentiment rank: 1.2