Home Japan Japan — in Japanese 武田薬品工業 米の製薬会社買収 約6200億円で

武田薬品工業 米の製薬会社買収 約6200億円で

266
0
SHARE

NewsHub大手製薬会社の武田薬品工業は、がんの治療薬に強みのあるアメリカの製薬会社をおよそ6200億円で買収し、この分野での競争力を強化することになりました。 武田薬品工業は、アメリカの製薬会社、アリアド・ファーマシューティカルズを54億ドル(およそ6200億円)で買収すると発表しました。 武田薬品は来月までにTOB=株式公開買い付けを実施し、発行済みの株式すべてを取得して子会社にする予定です。 アリアド社は1991年に設立され、血液がんの一種の急性リンパ性白血病の治療薬を販売したり、肺がんの治療薬の開発を行ったりするなど、がん治療薬の分野に強みがあるということです。 武田薬品は、がんや神経系疾患などを重点領域に掲げていて、クリストフ・ウェバー社長は、今回の買収について「重点を置く戦略を推進する絶好の機会だ」というコメントを発表しています。 武田薬品は先月、子会社の試薬品メーカーの売却を発表するなど、事業の選択と集中を加速させています。

Similarity rank: 1.1
Sentiment rank: -1.3