Home Japan Japan — in Japanese 自民都連 都議3人の会派離脱認める方針

自民都連 都議3人の会派離脱認める方針

248
0
SHARE

NewsHub自民党の3人の東京都議会議員が、先月会派を離脱し、新たな会派を発足させると表明したことを受け、自民党東京都連の下村博文会長は12日、3人と会談し、「党を離れるわけではない」として、会派の離脱を認める方針を伝えました。 自民党の大場康宣都議会議員ら3人は先月下旬、「都民感覚の政治を実現したい」として、都議会自民党の会派を離脱し、新たな会派「新風自民党」を発足させると表明しました。 これを受けて、自民党東京都連の下村博文会長らは12日、党本部で大場議員ら3人と会談しました。 この中で3人は、都議会自民党の執行部の運営に対する意見を述べた一方で、夏の都議会議員選挙には、自民党の公認候補として立候補したいという意向を伝えました。 これに対し、下村氏は「党を離れるわけではない」として、会派の離脱を認める方針を伝えるとともに、都議会議員選挙では、3人を党の候補者として支援する考えを伝えました。 このあと、下村氏は記者団に対し、「自民党から抜けるわけではなく、今月中に、新会派発足に向けた事務的な対応をすると思う。都議会自民党の執行部とも早めに会い対応していきたい」と述べました。 また、下村氏は、3人と小池知事との関係について「『小池都政とは、頑張っている部分は連携できるような是々非々のスタンスで新会派を作る』と言っていた。自民党と同じだ」と述べました。

Similarity rank: 5.3
Sentiment rank: 1.4