Home Japan Japan — in Japanese 軽井沢バス事故から1年 亡くなった大学生の法要

軽井沢バス事故から1年 亡くなった大学生の法要

182
0
SHARE

NewsHub長野県軽井沢町で起きたバス事故から1年となる15日、事故で犠牲になった大学2年生、田原寛さん(当時19歳)の法要が京都で営まれました。 首都大学東京の2年生だった田原さんは、大学の友人たちとスノーボードに向かう途中、事故に巻き込まれました。 15日は田原さんの法要が父親の義則さんの実家がある京都・舞鶴市で行われました。仏壇には寛さんが大学に入学した際の写真が飾られ、義則さんと母親の由起子さんが静かに手を合わせていました。 法要のあと、義則さんは「長いようで短い1年でした。息子を失った時の悲しさや悔しさは今でも変わらず、一生、背負っていくものだと思っています。きょうは雪が降っていますが、あの日、楽しい気持ちでスキー場に向かっていた息子たちのために降ったのかなと思います」と話していました。 そのうえで、「事故を起こしたバス会社は守るべきルールを守っていなかったことが、この1年間でわかりました。バス事業者や旅行業者は、この悲惨な事故を忘れず、安全を第一に考えるようにしてほしいです。遺族として業界の取り組みを今後もずっと見守っていきたいです」と話していました。

Similarity rank: 3.1
Sentiment rank: -3.7