Home Japan Japan — in Japanese 錦織がワウリンカ下し初の決勝進出、ブリスベン国際

錦織がワウリンカ下し初の決勝進出、ブリスベン国際

439
0
SHARE

NewsHub【1月7日 AFP】テニス、ブリスベン国際( Brisbane International 2017 )は7日、男子シングルス準決勝が行われ、大会第3シードの錦織圭( Kei Nishikori )は7-6(7-3)、6-3で第2シードのスタン・ワウリンカ( Stan Wawrinka 、スイス)を退け、決勝進出を決めた。
錦織は8日の決勝で、第1シードのミロス・ラオニッチ( Milos Raonic 、カナダ)と第7シードのグリゴール・ディミトロフ( Grigor Dimitrov 、ブルガリア)の勝者と対戦する。
両者サービスゲームをキープした第1セットでは、27歳の錦織がギアを1段上げてタイブレークを制した。
第2セットに入ると錦織は序盤にブレークを奪ったが、世界ランク4位のワウリンカも直後にブレークバック。それでも、錦織は再びワウリンカをブレークしてアドバンテージを手にすると、その後は悠々とサービスゲームをキープし、1時間41分で勝利を手にした。
錦織は大会7度目の挑戦で初めて決勝へ駒を進めた。これまでは準々決勝進出が2度、準決勝進出が3度となっていた。(c)AFP

Similarity rank: 7.5
Sentiment rank: 3.5