SHARE

マレーシアの 警察は、 クアラルンプールで死亡した北朝鮮の 男性はキム・ ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の 兄、 キム・ ジョンナム(金正男)氏であ…
マレーシアの警察は、クアラルンプールで死亡した北朝鮮の男性はキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏であることを確認しました。警察は、空港の監視カメラに捉えられていた外国のパスポートを持つ女2人を拘束し調べています。 今月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で、北朝鮮国籍の男性が体調不良を訴えて病院へ搬送される途中で死亡し、韓国の情報機関は、北朝鮮の工作員が毒物を使って殺害したという見方を示しています。マレーシアのメディアによりますと、地元警察も殺人の疑いで捜査しています。 マレーシアのザヒド副首相は16日の記者会見で、死亡した男性は北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の兄のキム・ジョンナム氏だと確認したことを明らかにしました。遺体については、検視など必要な手続きを終えたうえで、正式な要請があれば、北朝鮮大使館を通じて親族に引き渡すことになるだろうと述べました。 マレーシアの警察は、事件に関わったとして15日、ベトナムのパスポートを持った女1人を拘束したほか16日、新たにインドネシアのパスポートを持った女を拘束し、取り調べています。警察は、2人の女がいずれも空港の監視カメラの映像に捉えられていたとしています。 具体的な容疑は明らかになっていませんが、地元のメディアは、事件には女2人と4人の男が関わっており、このうち1人の女がジョンナム氏の顔に液体をかけ、もう1人の女が口をハンカチで塞ぐよう指示されていたと伝えています。

Similarity rank: 1.

Continue reading...