SHARE

16日の 東京外国為替市場は、 投資家の 間で利益を確定しようと値上がりしたドルを売って円を買う動きが広がり、 円相場は値上がりしました。
16日の東京外国為替市場は、投資家の間で利益を確定しようと値上がりしたドルを売って円を買う動きが広がり、円相場は値上がりしました。 午後5時時点の円相場は、15日と比べて53銭、円高ドル安の1ドル=113円94銭から95銭でした。また、ユーロに対しては15日と比べて13銭、円高ユーロ安の1ユーロ=120円90銭から94銭でした。ユーロはドルに対しては1ユーロ=1.0611から12ドルでした。 市場関係者は、「海外市場で一時、円安ドル高が進んだことを受けていったん利益を確定しようと東京市場ではドルを売る投資家が多かった。また、アメリカのトランプ政権で閣僚候補が指名を辞退するなど人事をめぐって混乱が続いており、懸念を抱く投資家もいる」と話しています。

Similarity rank: 3.5
Sentiment rank: 4.2
© Source: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170216/k10010879201000.html All rights are reserved and belongs to a source media.