Home Japan Japan — in Japanese 小金井ストーカー:「野放しにしないで」冨田さん意見陳述

小金井ストーカー:「野放しにしないで」冨田さん意見陳述

85
0
SHARE

東京都小金井市で昨年5月、 大学生の 冨田真由さん(21)を刃物で刺したとして、 殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、 無職、 岩埼(いわざき)友宏被告(28)に対する裁判員裁判は23日、 東京地裁立川支部で開かれ、 検察側は懲役17年を求刑した。 求刑に先立ち冨田さんが自ら事件への 思いを語る意見陳述があった。 冨田さんが「絶対同じことをする。 野放しにしてはいけない」 と話した直後、 岩埼被告が「じゃあ殺せよ」 などと大声を出し、 阿部浩巳裁判長が退廷を命じて審理が中断した。
東京都小金井市で昨年5月、大学生の冨田真由さん(21)を刃物で刺したとして、殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職、岩埼(いわざき)友宏被告(28)に対する裁判員裁判は23日、東京地裁立川支部で開かれ、検察側は懲役17年を求刑した。求刑に先立ち冨田さんが自ら事件への思いを語る意見陳述があった。冨田さんが「絶対同じことをする。野放しにしてはいけない」と話した直後、岩埼被告が「じゃあ殺せよ」などと大声を出し、阿部浩巳裁判長が退廷を命じて審理が中断した。
意見陳述で、冨田さんは「ファンではなくストーカーそのもの。血の海に倒れていたことは忘れられない。大切に積み重ねた時間を奪われた。悔しくて許せない」などと時折言葉に詰まりながらも、強い処罰感情をあらわにした。検察側の供述調書で「(刑を終えれば)今度こそ殺しに来るかも。死んでほしい。一生、刑務所に入っていてほしい」と証言していた冨田さんは、この日の法廷でも同じ趣旨の話をしたところ、突然、岩埼被告が大声をあげた。冨田さんは「思い通りにならないと殺そうとする。うらんで殺しに来る」と涙声になりながらも話し続けたが、岩埼被告は「殺さない」「殺すわけないだろう」などと叫び続け、法廷は一時騒然となった。
一時、意識不明の重体になった冨田さんは昨年9月上旬に退院したが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの後遺症があり、治療を続けている。判決は28日に下される予定。【蒔田備憲、森健太郎】

Similarity rank: 1.

Continue reading...