SHARE

東京電力が柏崎刈羽原発(新潟県)の 「免震重要棟」 の 耐震性を事実より高く説明していた問題で、 新潟県の 米山隆一知事と柏崎市の 桜井雅浩市長は15日、 東電に対し不信感をあらわにした。 東電が目指す同原発6、 7号機の 再稼働に向けた地元同意に影響する可能性もある。
東京電力が柏崎刈羽原発(新潟県)の「免震重要棟」の耐震性を事実より高く説明していた問題で、新潟県の米山隆一知事と柏崎市の桜井雅浩市長は15日、東電に対し不信感をあらわにした。東電が目指す同原発6、7号機の再稼働に向けた地元同意に影響する可能性もある。
再稼働に慎重な姿勢を示す米山知事はこの日の記者会見で「東電の説明が疑わしくなり、対話しようという話が根底から覆ってしまう。反省してきちんと説明してほしい」と述べ、原因や対策に関する説明を求めるとした。
再稼働の「条件付き容認」を掲げて昨年11月に初当選した桜井市長は「非常に遺憾だ。東電の体質はいまだ改善途上だと見せつけられた。再稼働を認める条件を厳しいものにせざるを得ない」と強調した。
また、原子力規制委員会の田中俊一委員長も15日の記者会見で「非常に重症」と述べ、東電の体質に問題があるとの認識を示した。田中委員長は「(2014年に)評価した時点できちっと発表すべきだ。そこを謙虚にやらないと審査はできない。信義の問題だ」と、東電の対応を厳しく批判した。【米江貴史、高木昭午、酒造唯】

Similarity rank: 3.1
Sentiment rank: -1.4
TW posts: 4
TW reposts: 1
TW likes: 1
TW sentiment: -10
© Source: http://mainichi.jp/articles/20170216/k00/00m/040/099000c All rights are reserved and belongs to a source media.