SHARE

北朝鮮の 金正恩(キムジョンウン)・ 朝鮮労働党委員長の 異母兄にあたる金正男(キムジョンナム)氏が2012年、 中国・ 北京で暗殺未遂事件にあったと、 中国政府関係者が明らかにした。 韓国の 情報機関・ 国家情報院…
北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男(キムジョンナム)氏が2012年、中国・北京で暗殺未遂事件にあったと、中国政府関係者が明らかにした。韓国の情報機関・国家情報院は15日、正恩氏が権力を継承した直後の12年ごろから正男氏暗殺の動きが具体化し、「必ず達成しなければいけない指示」だったとの分析を示した。
中国政府関係者によれば、北京に滞在していた正男氏は12年、北朝鮮工作員とみられる者に襲われた。しかし、中国の警察が正男氏を守り、事なきを得たという。
さらに元米政府高官によると、中国政府高官から聞いた話として、中国に正男氏を暗殺する部隊が送り込まれたことがあり、その部隊を捕まえて北朝鮮に送り返した事案があった。正男氏の暗殺計画が存在していると聞いたという。
韓国国家情報院は15日、正男氏が13日にマレーシアで毒劇物により殺害された可能性が「極めて高い」との見方を示した。
マレーシア警察は15日、容疑者の女ドアン・ティ・フォン容疑者(28)を逮捕したと発表した。15日朝、空港の格安航空専用ターミナルに1人でいたところを警官が見つけたという。ドアン容疑者はベトナム旅券を持っていた。13日に空港の監視カメラに映っていた実行犯とみられる2人の女のうちの1人の可能性が高いという。
正男氏は6日にマレーシアに入国。家族が住むマカオに向けてクアラルンプール空港を出発する直前の13日午前9時ごろ、事件に遭った。2人組の女が正男氏に近づき、うち1人が正男氏に接触した後、正男氏が空港カウンターに助けを求めた。
中華系マレーシア紙「東方日報」(電子版)は15日、警察が、実行犯の女とは別に共犯の男4人の行方を追っていると報じた。
同紙が伝えたドアン容疑者の供述によると、男4人は、正男氏の襲撃を近くのレストランで見ており、犯行後に女2人とは別に逃走し、空港近くのホテルで合流。しかしドアン容疑者だけが取り残されたという。逃走中の男女計5人はベトナム国籍と北朝鮮国籍だという。
男4人は、実行犯を見張ったり支援したりする役目だった可能性がある。
正男氏は故金正日(キムジョンイル)総書記の長男で1971年生まれとされる。正恩氏より10歳以上年上だが、権力からはすでに遠ざかっていた。国情院は今回の事件について、「正男氏が統治の障害になるという政治的計算よりも、正恩氏の偏執狂的な性格を反映したものだ」とする見方も明らかにした。(北京=古谷浩一、ソウル=牧野愛博、クアラルンプール=都留悦史)

Similarity rank: 7
Sentiment rank: -2.7
TW posts: 10
TW reposts: 12
TW likes: 7
TW sentiment: -10