Home Japan Japan — in Japanese 豪華寝台列車「瑞風」の車両お披露目 JR西日本

豪華寝台列車「瑞風」の車両お披露目 JR西日本

225
0
SHARE

JR西日本がことし6月から運行する豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」 の 車両がお披露目され、 深い緑色の 車体や客室などが公開されました…
JR西日本がことし6月から運行する豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の車両がお披露目され、深い緑色の車体や客室などが公開されました。 お披露目されたのは、JR西日本がことし6月から運行を始める豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」です。 大阪・淀川区の車両所では記念の式典が開かれ、JR西日本の来島社長が「『美しい日本を走るホテル』というコンセプトにふさわしい車両になった。『瑞風』を通して、山陽と山陰地方の自然や文化を発信して、新しい鉄道の価値を生み出したい」とあいさつしました。 また、バイオリニストの葉加瀬太郎さんが「瑞風」をイメージして作曲し、車内のBGMなどで使われるテーマ曲が披露されました。 これまでの試験走行などでは、車体を保護するため黒いシールで覆われていましたが、深い緑色の車体に金色のラインが入った外観や、かつての寝台特急を思わせる丸いヘッドライトがついた流線型の先頭車両が23日に初めて公開されました。 車内も公開され、全部で16ある客室のうち、1泊27万円からのツインの部屋には、テーブルや壁に中国地方の木材がふんだんに使われていて、個室ごとにシャワーとトイレも備えつけられています。 照明のスイッチには、京都の職人が銅板にもようを彫り込んだ「かざり金具」が使われるなど、細部へのこだわりが感じられます。 また、車内の通路には、人間国宝の伊勢崎淳さんが手がけた岡山県の備前焼の茶わんなどが飾られています。 食堂車では、景色を見ながら中国地方の食材を使った、一流シェフの料理を楽しむことができるほか、本格的なバーカウンターや茶の湯も楽しめるラウンジもあります。また、先頭と最後尾は、頭の上まで窓が広がる展望車で、乗客が外に出られる展望デッキも備えています。 来島社長は「すばらしい出来栄えの列車になったので、いかに利用者に満足してもらえるサービスができるかが問われる。運行開始に向けた最終準備を万全にしたい」と話していました。 「瑞風」は、1泊2日や2泊3日のコースで山陽や山陰地方を巡りますが、6月から9月までの分の乗車券はすでに完売で、10月と11月の分については、ことし4月から予約を受け付けるということです。

Similarity rank: 4.2
Sentiment rank: 3.8
TW posts: 14
TW reposts: 118
TW likes: 79
TW sentiment: 10