SHARE

16日の ニューヨーク株式市場の ダウ工業株30種平均は小幅ながら続伸し、 前日比7・ 91ドル高の 2万0619・ 77ドルと6営業日連続で終値の 過去最高値を更新した。 ト…
16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅ながら続伸し、前日比7・91ドル高の2万0619・77ドルと6営業日連続で終値の過去最高値を更新した。トランプ大統領が近く打ち出す税制改革への期待が引き続き相場を下支えした。 ハイテク株主体のナスダック総合指数は4・54ポイント安の5814・90、幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数は2・03ポイント安の2347・22といずれも反落した。当面の利益を確定する売りに押され、連日の最高値更新は止まった。 トランプ氏はこの日もツイッターで税制改革への期待から株価が上昇しているとアピールしていた。 同日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比91銭円高ドル安の1ドル=113円20~30銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・0667~77ドル、120円83~93銭だった。(共同)

Similarity rank: 7.4
Sentiment rank: 1.4