Home Japan Japan — in Japanese 北朝鮮政策見直しで調整=米国務長官「20年間失敗」-首相・外相と会談:

北朝鮮政策見直しで調整=米国務長官「20年間失敗」-首相・外相と会談:

176
0
SHARE

安倍晋三首相は16日、 ティラーソン米国務長官と会談した。 トランプ米政権が見直しを進める北朝鮮政策について協議し、 挑発行為を抑止するため連携して圧力を強める方針を確認。 岸田文雄外相も同氏と会談し、 防衛協力の 強化を話し合うため、 外務・ 防衛担当閣僚による日米安全保
安倍晋三首相は16日、ティラーソン米国務長官と会談した。トランプ米政権が見直しを進める北朝鮮政策について協議し、挑発行為を抑止するため連携して圧力を強める方針を確認。岸田文雄外相も同氏と会談し、防衛協力の強化を話し合うため、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の早期開催に向けて調整を加速させることで一致した。
外相会談では、トランプ政権の対北朝鮮政策見直しについて、日米間で綿密に擦り合わせ、一致した立場を形成することを確認。ティラーソン氏はこの後の共同記者会見で、米国の北朝鮮政策は「過去20年間、失敗したアプローチをとってきた。北朝鮮の脅威はエスカレートした」と述べ、見直しの必要性を指摘した。
また、会談では米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古移設が「唯一の選択肢」だとの立場を再確認。沖縄の基地負担軽減に協力して取り組むことを申し合わせた。
北朝鮮の挑発は、今年に入り弾道ミサイルを2回発射するなどエスカレート。トランプ政権は軍事力行使を含めた「あらゆる選択肢」を検討している。ティラーソン氏は日本に続いて韓国、中国を歴訪する予定で、首相は同氏を通じて両国へ連携を呼び掛けたい考えだ。
会談では中国が東・南シナ海への海洋進出を強めていることを念頭に、航行の自由や法の支配の重要性で一致する見通し。ティラーソン氏はロシアの情勢に通じ、プーチン大統領とも親交があるため、米政府の対ロ政策についても意見交換する。
これに先立ち、岸田氏は東京都内の外務省飯倉公館でティラーソン氏と会談。ティラーソン氏は「日米同盟はアジア太平洋地域の礎だ」と述べたほか、北朝鮮の核・ミサイル問題に関し、「日米、日米韓の協力を強化していくことが非常に大事だ」と強調した。(2017/03/16-17:02)

Similarity rank: 2.

Continue reading...