Home Japan Japan — in Japanese 21日に朴前大統領聴取=韓国検察が出頭要請-収賄容疑、全面否認へ:

21日に朴前大統領聴取=韓国検察が出頭要請-収賄容疑、全面否認へ:

190
0
SHARE

【ソウル時事】 韓国の 朴槿恵前大統領の 収賄疑惑などを調べている検察の 特別捜査本部は15日、 朴氏を容疑者として事情聴取することを決め、 21日午前9時半(日本時間同)に出頭するよう朴氏側に要請した。 韓国メディアによると、 朴氏の 弁護士は15日、 「出頭日程の 通告を受け
【ソウル時事】韓国の朴槿恵前大統領の収賄疑惑などを調べている検察の特別捜査本部は15日、朴氏を容疑者として事情聴取することを決め、21日午前9時半(日本時間同)に出頭するよう朴氏側に要請した。韓国メディアによると、朴氏の弁護士は15日、「出頭日程の通告を受けた。捜査に積極的に協力する」と述べ、聴取に応じる意向を示した。
〔写真特集〕韓国の歴代大統領~朴正熙氏・朴槿恵氏の父娘~
憲法規定で現職大統領は刑事訴追を受けないが、朴氏は憲法裁判所の罷免決定で不訴追特権を失っており、検察は朴氏を厳しく追及する方針。 朴氏は側近を通じて発表した声明で「真実は必ず明らかになると信じている」と述べ、親友の崔順実被告らに絡む事件への関与を改めて否定しており、事情聴取に対しても全面否認するのは確実だ。 検察が朴氏の聴取後、逮捕状を請求するかどうかが焦点となる。聯合ニュースによれば、崔被告やサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔被告ら中心人物が逮捕されていることから、「逮捕状請求が『法の下の平等』という原則に沿っている」という見方も強い。 検察は昨年11月、朴氏が崔被告らと共謀関係にあったとして、職権乱用などで立件したが、現職大統領のため起訴できなかった。さらに今年2月には特別検察官チームも収賄の共犯などで立件。捜査期間が終了したため、検察が捜査を引き継いだ。 検察の捜査を受ける大統領経験者は、盧泰愚、全斗煥、盧武鉉の3氏に続いて4人目。全氏は聴取に応じなかったため、拘束された。盧武鉉氏は聴取を受けた後、自殺した。(2017/03/15-12:08)

Similarity rank: 3.3
Sentiment rank: -1.1
TW posts: 2
TW reposts: 15
TW likes: 8
TW sentiment: -10