Home Japan Japan — in Japanese シリア政府軍、化学兵器使用か 民間人70人死亡と活動家ら

シリア政府軍、化学兵器使用か 民間人70人死亡と活動家ら

191
0
SHARE

シリア北西部イドリブ県の 反体制派支配地域が4日午前、 化学兵器による空爆を受けたとみられ、 反体制派団体によると「有害ガス」 で子ども10人以上を含む少なくとも70人が死亡した。 負傷者は数百人に上っているという。 医師らによると、 犠牲者の 多くは窒息死だった。 ソーシャルメディアに投稿された動画には、 子ど…
(CNN) シリア北西部イドリブ県の反体制派支配地域が4日午前、化学兵器による空爆を受けたとみられ、反体制派団体によると「有害ガス」で子ども10人以上を含む少なくとも70人が死亡した。負傷者は数百人に上っているという。
医師らによると、犠牲者の多くは窒息死だった。ソーシャルメディアに投稿された動画には、子どもを含む住民らが意識不明や呼吸困難の状態に陥った様子が映っている。
現場近くの病院の医師が匿名を条件にCNNに語ったところによると、同日午前7時半頃に約125人の患者が運び込まれた。このうち25人はすでに死亡していた。子どもや女性が負傷者の7~8割を占めていた。同医師によれば、顔面蒼白や発汗、瞳孔縮小、呼吸困難などの症状から猛毒サリンの使用が疑われるが、確認のためには検査をする必要がある。
病院へ駆け付けた別の医師は、約500人の負傷者が院内の床を埋め尽くしていたと話す。一家全員が死亡した例もあった。口から泡を吹いて窒息死した患者らの姿が、目に焼き付いて離れないという。
約2時間後に現場入りした市民ジャーナリストの男性は、有毒ガスを使ったロケット弾1発が撃ち込まれたとの見方を示した。男性自身も目のかすみや割れるような頭痛、倦怠(けんたい)感などの症状を経験した。当初はだれも化学兵器だとは気付かず、市民ボランティア組織「シリア民間防衛隊(通称・ホワイトヘルメッツ)」などの救助隊員もガスを吸い込んで倒れたという。
反体制派団体の「アレッポ・メディア・センター(AMC)」は死者70人としているが、在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(SOHR)」は子ども10人を含む少なくとも58人が死亡したと発表。主要な反体制派で構成する「最高交渉委員会(HNC)」は100人が死亡したと主張している。

Similarity rank: 2.1
Sentiment rank: -5.2
TW posts: 2
TW reposts: 0
TW likes: 0
TW sentiment: -10