SHARE

女子SP メドベージェワ首位、 三原が自己ベストで3位 フィギュアスケートの 世界国別対抗戦は20日、 東京・ 国立代々木競技場で開幕した。 男子ショートプログラム(SP)では世界選手権2位の 宇野昌磨(中京大)が103.53点で首位となった。 同選手権覇者の 羽生結弦(ANA)は冒頭に試みた4回転ループが1回転になって無得点とされ、 続く連続ジャンプも4回転サルコウでミスがあって連続にできないなど乱れ、 83.51点にとどまり7位だった。
フィギュアスケートの世界国別対抗戦は20日、東京・国立代々木競技場で開幕した。男子ショートプログラム(SP)では世界選手権2位の宇野昌磨(中京大)が103.53点で首位となった。同選手権覇者の羽生結弦(ANA)は冒頭に試みた4回転ループが1回転になって無得点とされ、続く連続ジャンプも4回転サルコウでミスがあって連続にできないなど乱れ、83.51点にとどまり7位だった。
女子SPでは同選手権5位の三原舞依(神戸ポートアイランドク)が自己ベストの72.10点で3位となった。樋口新葉(東京・日本橋女学館高)も71.41点の自己ベストで5位。同選手権覇者のメドベージェワ(ロシア)が初めて80点を超える80.85点で首位となった。
アイスダンスのショートダンスでは、村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が63.77点で5位。各種目の順位に応じて与えられるポイントの合計で、日本は44点でロシアと並んだ。
大会は日本、ロシア、米国、中国、カナダ、フランスの6カ国が出場して22日まで行われ、各国から男女各2人、ペアとアイスダンスは各1組が出場し、SP、フリーそれぞれの順位に応じたポイントにより争う。男子のフリーは21日、女子フリーは22日に行われる。

Similarity rank: 1.

Continue reading...