SHARE

佐藤天彦名人(29)に稲葉陽八段(28)が挑戦、 稲葉の 1勝で迎えた第75期名人戦七番勝負第2局(毎日新聞社、 朝日新聞社主催、 大和証券グループ協賛、 青森県弘前市、 同市教育委員会、 名人戦弘前市実行委員会後援)は20日、 弘前市の 藤田記念庭園で始まった。
佐藤天彦名人(29)に稲葉陽八段(28)が挑戦、稲葉の1勝で迎えた第75期名人戦七番勝負第2局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、青森県弘前市、同市教育委員会、名人戦弘前市実行委員会後援)は20日、弘前市の藤田記念庭園で始まった。
初防衛を目指す佐藤に対し、名人戦初登場の稲葉が挑む今期七番勝負。第1局は後手番の稲葉が横歩取り戦を制し快勝した。
定刻午前9時、立会の屋敷伸之九段が声をかけて対局開始。稲葉は初手7六歩から3手目6八銀で矢倉戦を志向した。
佐藤も後手番で横歩取りの採用が多く、2局続けて横歩取りも予想された。佐藤は2手目8四歩で、戦型選択を稲葉に委ねる形になったが、積極的に7四歩から急戦を狙った。
稲葉は飛先の歩を交換し、さらに3四飛と横歩を取った。
解説の行方尚史八段(弘前市出身)は「流行の急戦矢倉ですが1年前には思いもつかなかった進行で、20代同士の新しい名人戦を象徴している気がします。先手が歩得ですが、後手は駒を前に進めて主導権を握ろうとしているので、互いに構想を練り上げる楽しみがあります」と語った。
佐藤が22手目を考慮中の午後0時半、昼食休憩に入った。持ち時間各9時間のうち消費時間は稲葉1時間46分、佐藤1時間31分。同1時半再開。【山村英樹】

Similarity rank: 1.

Continue reading...