SHARE

富士フイルムホールディングス(HD)は20日、 海外の グループ会社で不適切な会計処理が見つかったとして、 27日に予定していた2017年3月期の 決算発表を延期すると発表した。 これまでの 調査で、 16年3月…
富士フイルムホールディングス(HD)は20日、海外のグループ会社で不適切な会計処理が見つかったとして、27日に予定していた2017年3月期の決算発表を延期すると発表した。これまでの調査で、16年3月期までの数年間に純損益ベースで約220億円の利益の過大計上があった可能性があるという。
不適切な会計処理があったのは、子会社の富士ゼロックスが持つニュージーランドの販売会社。富士フイルムHDによると、複写機などのリース契約で料金の回収が想定より少なかったのに、必要な損失の計上をしなかった。15年に内部通報で発覚し、過去にさかのぼって調査してきたが、弁護士らによる第三者委員会で他の国も含めてさらに調べることにしたという。

Similarity rank: 3.2
Sentiment rank: 0
TW posts: 6
TW reposts: 1
TW likes: 0
TW sentiment: 10