SHARE

【ベルリン共同】 ドイツ捜査当局は21日、 サッカー1部リーグの ドルトムントの 香川真司選手らが乗ったバス付近で11日に起きた爆発の 容疑者として、 ロシアとドイツの 二重国籍の 男(28)をドイツ南西部で拘束した。 当局は爆発で選手を負傷させて株価の 下落を招き、 多額の 利益を得…
【ベルリン共同】ドイツ捜査当局は21日、サッカー1部リーグのドルトムントの香川真司選手らが乗ったバス付近で11日に起きた爆発の容疑者として、ロシアとドイツの二重国籍の男(28)をドイツ南西部で拘束した。当局は爆発で選手を負傷させて株価の下落を招き、多額の利益を得ようとした可能性があるとみている。 当局によると、男は事件当日、ドルトムントの株に関連した金融商品をインターネットで大量購入した。株価が下落すれば利益を得られる仕組みという。事件を巡っては当初、テロとの見方も出ていた。

Similarity rank: 3.2
Sentiment rank: -4.3
TW posts: 3
TW reposts: 3
TW likes: 2
TW sentiment: -10
© Source: http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017042101001665.html All rights are reserved and belongs to a source media.