SHARE

アメリカの トランプ大統領は中国などを念頭に外国からの 鉄鋼製品の 輸入がアメリカの 安全保障に与える影響について調査するよう命じる大統領令に署名し…
アメリカのトランプ大統領は中国などを念頭に外国からの鉄鋼製品の輸入がアメリカの安全保障に与える影響について調査するよう命じる大統領令に署名し、問題がある場合には関税などの対抗措置を講じる構えで、国内の産業や雇用を保護する姿勢を強調しました。 トランプ大統領は20日ホワイトハウスで新たな大統領令に署名しました。この大統領令は中国などを念頭に、外国からの鉄鋼製品の輸入がアメリカの安全保障に与える影響について調査し、報告書を提出するよう商務長官に命じるものです。そして、報告書に基づいて問題がある場合には、トランプ大統領が関税などの対抗措置を講じるとしています。 トランプ大統領は署名式で「外国がアメリカで大量の鉄鋼製品を不当に安く売りアメリカの企業に損害を与えている。国内の鉄鋼の生産を維持することが安全保障や防衛産業の基盤にとって極めて重要だ」と訴えました。そのうえで「われわれはアメリカの雇用や労働者を守る」と述べ、公約どおり国内の産業や雇用を保護する姿勢を強調しました。 また、トランプ大統領はカナダによってアメリカの酪農家などが損害を被っていると指摘し、カナダとNAFTA=北米自由貿易協定の見直しに向けた再交渉を急ぐ考えを示しました。

Similarity rank: 2.1
Sentiment rank: -0.4
TW posts: 12
TW reposts: 6
TW likes: 8
TW sentiment: -10
© Source: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956151000.html All rights are reserved and belongs to a source media.