Home Japan Japan — in Japanese 長嶺大使 ソウルに到着 3か月ぶりに韓国に戻る

長嶺大使 ソウルに到着 3か月ぶりに韓国に戻る

82
0
SHARE

韓国プサンの 日本総領事館の 前に、 慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことへの 対抗措置として、 一時帰国していた韓国駐在の 長嶺大使は4日夜、 お…
韓国プサンの日本総領事館の前に、慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として、一時帰国していた韓国駐在の長嶺大使は4日夜、およそ3か月ぶりに韓国に戻りました。 韓国駐在の長嶺大使は去年12月、プサンの日本総領事館の前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として、ことし1月から森本プサン総領事とともに一時帰国していましたが、日本政府は3日、来月の大統領選挙後に発足する次の政権に備えるなどとして、長嶺大使らを韓国に戻すと発表しました。 これを受けて、長嶺大使は4日夜、羽田空港を出発し、午後10時ごろ、首都ソウルの空の玄関口、キンポ空港に到着しました。 長嶺大使は、大統領の職務を代行するファン・ギョアン(黄教安)首相に対し、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行を次の政権に引き継ぐよう直接、要請する方針です。 到着後、長嶺大使は記者団に対し、「安倍総理大臣と岸田外務大臣からの指示を踏まえて、ファン首相などの要人に会い、慰安婦問題をめぐる日韓合意の実施を強く求めていく。北朝鮮をめぐる問題や、次の大統領選挙を見据えて、大使として全力を傾けて対応していきたい」と述べました。 日本政府は、2012年に当時のイ・ミョンバク(李明博)大統領が島根県の竹島に上陸したことに抗議して、韓国駐在の大使を一時帰国させたときは、韓国に戻ったのが12日後でしたが、今回は、およそ3か月に及びました。 韓国外務省の報道官は4日の記者会見で、「大使の帰任をきっかけに、意思疎通と協力を通じて両国関係がより発展することを期待している」と歓迎しましたが、韓国では、パク・クネ(朴槿恵)前大統領の罷免で政府が求心力を失っているうえ、慰安婦問題をめぐる合意や少女像の撤去に否定的な世論が根強く、日韓関係が改善に向かうのかは不透明な状況です。

Similarity rank: 1.

Continue reading...