SHARE

高市早苗総務相は21日昼、 東京・ 九段北の 靖国神社を春季例大祭に合わせて参拝した。 靖国神社には極東国際軍事裁判(東京裁判)の A級戦犯が合祀されており、 中韓両国の 反発が予想される。 安倍晋三首相は同日からの 春季例大祭に合わせ「内閣総理大臣 安倍晋三」 名で「真榊」 と呼ば…
高市早苗総務相は21日昼、東京・九段北の靖国神社を春季例大祭に合わせて参拝した。靖国神社には極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀されており、中韓両国の反発が予想される。安倍晋三首相は同日からの春季例大祭に合わせ「内閣総理大臣 安倍晋三」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。23日までの例大祭期間中、参拝は見送る方針だ。 高市氏は参拝後、記者団に、玉串料を私費で払ったと明かした上で「一人の日本人として、国策に殉じられた方々のみ霊に対し、尊崇の念を持って感謝の誠をささげた」と説明。「慰霊の在り方が外交問題になるべきではない」と述べた。

Similarity rank: 4.6
Sentiment rank: 6.7
TW posts: 8
TW reposts: 1
TW likes: 1
TW sentiment: 6

© Source: http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017042101001028.html
All rights are reserved and belongs to a source media.