SHARE

仙台市で、 先月、 マンションから飛び降りて死亡した中学2年の 男子生徒が、 教諭から頭を殴られるなどの 体罰を受けていたことがわかった問題で、 学校の …
仙台市で、先月、マンションから飛び降りて死亡した中学2年の男子生徒が、教諭から頭を殴られるなどの体罰を受けていたことがわかった問題で、学校の校長は、19日夜、報道陣の取材に対し「体罰をして、信頼を損ねたことをおわびします」と述べ謝罪しました。 先月26日、仙台市の中学校に通う2年生の男子生徒が自宅近くのマンションから飛び降りて死亡し、警察は、生徒が自殺したと見ています。 仙台市の教育委員会の調査で、生徒は、同級生からいじめを受けていたことがわかっていますが、19日、新たに、亡くなる前の日の授業中に居眠りをしたとして男性教諭から頭を殴られたほか、ことし1月にも授業中に騒いだとして女性教諭から口に粘着テープを貼られる体罰を受けていたことが明らかになりました。 中学校の校長は19日夜、報道陣に対し、「『体罰は教育の負けで絶対にだめだ』と教員に話していました。体罰をして、信頼を損ねたことをおわびします」と謝罪しました。 また、学校は19日夜、保護者を対象に説明会を開き、子どもたちの心のケアについて説明したということです。この中で、学校側は、体罰に関する保護者からの質問に対し、「確認中だ」として詳しい説明はしなかったということです。 仙台市教育委員会は体罰が自殺の原因の1つとなった可能性があるとして、第三者による調査を行う方針です。

Continue reading...