SHARE

学校法人「森友学園」 が運営する「塚本幼稚園」 (大阪市淀川区)の 補助金不正受給問題で、 卒園児の 保護者の 男性(36)が19日、 学園が長女を特別な支援が必要な園児と偽り、 府と大阪市の 補助金114万円をだまし取った疑いがあるとして詐欺容疑で大阪地検に告発状を提出した。 容疑者は不詳とした。
学校法人「森友学園」が運営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)の補助金不正受給問題で、卒園児の保護者の男性(36)が19日、学園が長女を特別な支援が必要な園児と偽り、府と大阪市の補助金114万円をだまし取った疑いがあるとして詐欺容疑で大阪地検に告発状を提出した。容疑者は不詳とした。
長女は軽度の弱視だが、日常生活に支障はなかったという。男性は「申請の説明を受けたことも同意したこともない。子どもを利用した悪質性の高い詐欺だ」と話した。
同問題を巡り、大阪府は同日、学園の籠池泰典前理事長が府の補助金を詐取したとして大阪地検に詐欺容疑で告訴状を送付したが、園児1人分の不正受給が新たに判明したとして、被害額を約6186万円に変更した。男性の告発内容と一部重なるとみられる。【岡崎英遠、米山淳】

© Source: https://mainichi.jp/articles/20170520/k00/00m/040/132000c
All rights are reserved and belongs to a source media.