SHARE

英ロンドン北部フィンズベリー・ パークの モスク近くでワゴン車が歩行者に突っ込んだ事件で、 ロンドン警視庁は19日、 ワゴン車を運転していた47歳の 男をテロ容疑で拘束したことを明らかにした。 この 事件では1人が死亡、 10人あまりが負傷している。 現地メディアの 報道によると、 拘束されたの はウェールズの カーデ…
(CNN) 英ロンドン北部フィンズベリー・パークのモスク近くでワゴン車が歩行者に突っ込んだ事件で、ロンドン警視庁は19日、ワゴン車を運転していた47歳の男をテロ容疑で拘束したことを明らかにした。この事件では1人が死亡、10人あまりが負傷している。
現地メディアの報道によると、拘束されたのはウェールズのカーディフに住むダレン・オズボーン容疑者(47)。警察はカーディフにある民家の家宅捜査を行ったことを確認し、犯行に使われたワゴン車がウェールズのレンタカー会社から借りられていたことも明らかにした。
警察はこの事件をテロとして扱い、テロ対策班が捜査を担当すると発表。メイ首相は公邸前で記者団に対し、「イスラム教徒が祈りの場の近くで攻撃された。根本的な狙いは、あらゆる形態のテロがそうであるように、我々を分断させ、この国の社会と市民の尊い絆を破壊することにある」と語った。
事件は19日未明、信者らがラマダンの祈りを終えた時刻に発生。ワゴン車を運転していた白人の男は、現場にいた人たちが取り押さえて警察に引き渡した。
現場から2人が逃走したという証言も伝えられたが、警察は、拘束した容疑者の単独での犯行だったと見ている。
警察によると、被害者は全員がイスラム教徒だった。メイ首相によれば、負傷者のうち2人は現場で手当てを受け、9人は近くの病院に運ばれた。うち2人が重傷を負っている。

© Source: https://www.cnn.co.jp/world/35102982.html?ref=rss
All rights are reserved and belongs to a source media.