SHARE

韓国国防省は17日、 北朝鮮に対し、 南北軍事境界線付近での 「一切の 敵対的行為」 の 停止を議題にした軍当局の 会談を、 21日に板門店の 北朝鮮側区域にある施設「統一閣」 で行うことを提案した。 大韓赤十字社も17日、 南北離散家族再会事業の 実施を目的にした赤十字会談を8月1日に開くことを北朝鮮側に求めた。
韓国国防省は17日、北朝鮮に対し、南北軍事境界線付近での「一切の敵対的行為」の停止を議題にした軍当局の会談を、21日に板門店の北朝鮮側区域にある施設「統一閣」で行うことを提案した。大韓赤十字社も17日、南北離散家族再会事業の実施を目的にした赤十字会談を8月1日に開くことを北朝鮮側に求めた。
北朝鮮が核・ミサイル開発を止める気配を見せない状況で、韓国は南北の緊張緩和を優先し、対話に向けて動き始めた。
軍当局の会談に北朝鮮が応じれば、2015年12月以来の政府当局者間の会談となる。(共同)