Home Japan Japan — in Japanese 東海大菅生、早実など「2強」破り甲子園に

東海大菅生、早実など「2強」破り甲子園に

116
0
SHARE

第99回全国高校野球選手権・ 西東京大会決勝 ○東海大菅生6-2早稲田実●(30日・ 神宮球場) 昨夏まで西東京大会で3年連続準優勝だった東海大菅生は「4度目の 正直」 で17年ぶり3度目の 優勝を決めた。 先発の 松本は2点リードで迎えた八回1死から清宮に右前打を許したが、 4番の 野村を遊ゴロ併殺打に仕留めるなど粘り強く投げ、 2失点で完投。 打線も6点を奪って援護した。
○東海大菅生6-2早稲田実●(30日・神宮球場)
昨夏まで西東京大会で3年連続準優勝だった東海大菅生は「4度目の正直」で17年ぶり3度目の優勝を決めた。先発の松本は2点リードで迎えた八回1死から清宮に右前打を許したが、4番の野村を遊ゴロ併殺打に仕留めるなど粘り強く投げ、2失点で完投。打線も6点を奪って援護した。
今大会は準々決勝で日大三を破り、決勝では早稲田実と、ともに今春のセンバツに出場し「2強」と目された両校を力でねじ伏せた。プロ野球・中日の元投手から転身した若林弘泰監督は「松本が自信を持って投げてくれた。西東京の2強を倒した代表校として、堂々と甲子園で日本一になりたい」と、力強い声で抱負を語った。

Continue reading...