Home Japan Japan — in Japanese みちびき3号、打ち上げ成功=日本版GPS衛星-鹿児島

みちびき3号、打ち上げ成功=日本版GPS衛星-鹿児島

63
0
SHARE

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日午後2時29分、 日本版GPS(全地球測位システム)の 実現を目指す政府の 測位衛星「みちびき」 3号機を、 鹿児島県・ 種子島宇宙センターからH2Aロケット35号機で打ち上げた。 みちびき3号機は約30分後にロケットか
三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日午後2時29分、日本版GPS(全地球測位システム)の実現を目指す政府の測位衛星「みちびき」3号機を、鹿児島県・種子島宇宙センターからH2Aロケット35号機で打ち上げた。みちびき3号機は約30分後にロケットから分離され、予定の軌道に投入された。打ち上げは成功した。
〔写真特集〕ロケット発射リフトオフ!
みちびきは米国のGPSを補完し、最高で数センチ~数十センチ単位の精密測位を実現する日本独自の測位衛星。日本のほぼ真上を「8の字」を描くように周回する準天頂衛星3機(1、2、4号機)と、静止衛星1機(3号機)の計4機体制を年内に整備する計画で、来年4月から測位データの提供を開始する。 3号機の打ち上げは12日に予定されていたが、直前の点検で、ロケットエンジンなどのバルブを動かすヘリウムガスの圧力低下が見つかり延期。ヘリウムタンクの漏えい箇所を特定し、部品を交換した。 種子島で記者会見した林芳正文部科学相は「延期に際し、現場の方々に立ち止まる勇気を見せていただいたことに敬意を表したい」と述べた。三菱重工の阿部直彦防衛・宇宙セグメント長は「無事に衛星を軌道に乗せることができ、安堵(あんど)している。気持ちを引き締め、細心の注意と最大限の努力を続けたい」と話した。 1号機は2010年9月、2号機は今年6月に打ち上げられた。4号機は秋に打ち上げる。(2017/08/19-17: 56) 関連ニュース
【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】

Continue reading...